忍者ブログ
車に関することやグランツーリスモなどの紹介、リプレイムービー、セッティング、コース紹介
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • icar-Grantu rismo-
    にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
    にほんブログ村
    ご協力お願します。

    ゲーム ブログランキングへ




    ブログ内検索
    powered by Google
    オンラインレースゲーム
    バケットシートメーカーサイト
    最新コメント
    [06/12 RicNet]
    [05/19 Smithd883]
    [04/08 vaftzse]
    [03/27 VictorLen]
    [03/25 Thomaser]
    ご意見などは、こちらより
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ニュルブルクリンク走りました。

    高速マシンで、ニュルは跳ねて大変でした!!

    コース:ニュルブルクリンク 参加5人

    リプレイムービー再生

    ニュルといえば、最近、ニッサンの新型GT-Rのテスト走行で、話題になっていますが!!





    日本の自動車専門各誌では、「3.7リッターV6+ツインターボで本決まり。最高出力は400ps以上!」とのことです!!

    メインはAT、2ペダル、ぽいです、恐らくMT設定はATと比べ60~100万円ぐらい安く設定されると思います。

    恐らく採用されるのは、セミオートマチックトランスミッションにニッサンのオリジナルの技術をプラスしたものになると思います。

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
    オートマチックトランスミッション


    セミオートマチックトランスミッション

    F1やWRCもセミオートマチックトランスミッション(AT)、採用しています、最先端を行くGT-Rはその流れに乗ると思われます。(WRCは発進時にクラッチを使う)

    残念ながら、日本車では、セミオートマチックトランスミッションを搭載した車は、現在非常に少ないと思われます。一部の大型トラックに使われていることもあります。

    このセミオート技術は、ヨーロッパの車に多く見られます。フォルクスワーゲンやアウディはDSGと言う、デュアルクラッチ形式セミオートを採用しています、アルファロメオの159などにも、セミオートが採用されているようです、恐らく、日本と比べ、信号などが、少なく、減速&ブレーキ&ストップが少ないためだと思われまた、日本のは場合は、走りより経済性を優先するためだと思われ、コスト的にトルコンやCVTが多く採用されていると思われます。

    新型GT-Rの値段は、700万円ぐらいだそうです、色々付けると購入には、900万円ぐらいは、必要じゃないでしょうか!?

    高いですが、このスペックのこの金額は安い!!です、同スペックの911ターボは、1300万円以上するそうなので、お金に余裕のある方、いかがでしょうかw

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    Rが帰って来た!! HOME ピックアップ!?でバトル!!
    Copyright © icar-GranTurismo- All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]